[ファーウェイ] 「華為鴻蒙(Huawei Hongmeng)」独自OS開発について

ファーウェイが米国からの圧力を受け、アンドロイド搭載ができなくなったことをうけ

独自OS Huawei Hongmeng を既に用意していることを発表した。

ファーウェイは密かに2012年ごろから「スペアタイアは用意している」として

早くからこの展開、リスクは想定していたのでのではないか。

google陣との距離も密に開発していたので、関係性は今でも続いている中で

米政府からの分断にgooleも困惑しているほうではないかという見解。

そういえば、元々はandroidはオープンソースであるので、その土台は

原則としては、利用できる位置づけにあるのではないか。

そうなると、既に中国側にはアンドロイドのコアなソースはいきわたっているので

米国が締め出しをしても、またOSは作られる。

攻防戦のレイヤーはどんどん低くなり、OSの更に下位レイヤーとなる

ネットワークに行きかねない。それは、CNドメインの取り扱い

TCP/IPの世界に制限をかける。CNドメインまたはCNに割り振られた

IPアドレスに対しての制裁。ここまでくると、中国は独自ネットワークを

確立するしかない。この各国の中国に対しての締め出し精神が作られている原因は

中国の財産の流用に対する敬意が世界標準でないと感じさせてしまうところかもしれない。

人のマネをすることはとても良いことだし、文化としても良いか、何か

その生みの親の理念や感謝を組んでいないような振る舞いとされがちなのか

決して、本人方々はそのような想いはないと思うがそのような、雰囲気を

なくすまたは、そのように中国の事を誤解しているのであれば周りの国に

理解を求めるようにしてほしいかも。



メルマガ登録をお願いします。

素敵な?情報がいつもあなたに届くようになります。(itmnewsの記事が届きます。)お役に立つかどうかわかりませんが頑張りますっ。登録してみてください。


 



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする