今日知ったアーティスト ヤンタラジロー

日本人かと思いきやシンガポール?どちらかアジア圏の方。日本語はしゃべれないので日本人ではないですが、ジローとなっているので冠次郎の系列では、と連想した人間は同世代より間違いなく上。
といいますか、久々衝撃を受けたアーティストに出会えて嬉しく。そうそう。
もうなんか聴いているだけでいいやと思ってしまうんですよね。好きな曲を聴いていると。
かつて、18歳の時に出会った「エニグマ」というアーティストがいて、その衝撃を
超えるものは、ないですが、あとコールドプレイも結構衝撃でした。
あとは、今日まだ聴いたばかりでどのくらいの深さを示してくれるかはこれから楽しみなのですがインパクトは、結構ありました。

曲は、ヒーリング系、アンビエント系ですね。
最近宇宙意識とか覚醒とかスピリチュアル的な動画や頭が
そちらに向いているので、YouTubeのアルゴリズムも、そのような推薦曲を
私の動画リストに載せてきたのでしょう。どんぴしゃだったよ。有難うYoutube

なんとなくアジア圏ですよね。でもこの曲調の音、好きなんですね。
音の使い方、浮遊感。たまらない。
そして実は以下がyoutubeのリストに載ってきた曲。
ややマニアックなのですが、以下の動画でびびっと来たのです。

この動画と音を聴いたときに、出会ってしまった感。ハンパなく。

これだと直感的に想いました。

ライトランゲージ(宇宙語と言われる宇宙意識の状態で発する言葉)は
音楽に乗せるとこんなにも自然でなめらかになるのかとたまらなく心地よい。
これを解説できる日本の音楽雑誌はまだないでしょう。
せめてムーの企画コーナーにのってしまうくらい。

話がそれない程度に少し掘り下げるとライトランゲージは、人によりニュアンスの
個性がでますが、このなんていうのか声と東洋の神秘的な要素がめちゃかっこいい。

世間の理解は遠い感じもするこのような曲も
もうまもなくこのような曲が溢れる世界になるような気もして。
先進国に近いアジア圏の精神性はもしかしたら、日本を超しているのか。

もうまもなくクローズのituneで探してみたら、日本語版はないようでしたが

アルバムを見つけたので、購入してみました。

アルバムタイトルは「光語」「星際飛行」中国系なのかな。

飛行の曲のyoutubeのコメント見ても日本語がない。あまりまだ日本では
知られていないのかもでも、メロディーは間違いなく日本人好み。
CMでも間違いなく使える。広告代理店の人が知ったら間違いなく使うこれ。
キャッチ―なのは「星際飛行」の「飛行」と「星際小かく」という曲です。

でも素直にこんな曲を作りたい。久々に想える曲に出会って、興奮して眠いはずの眠気が
まだこない。



メルマガ登録をお願いします。

素敵な?情報がいつもあなたに届くようになります。(itmnewsの記事が届きます。)お役に立つかどうかわかりませんが頑張りますっ。登録してみてください。


 



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする