愛覚えていますか マクロスを大人になって見てみたらメッセージが多すぎた

マクロスを皆さんご存知でしょうか。おそらく80年代前半に流行った

ガンダムみたいなロボットが戦うアニメ。

私の中のマクロスといえば、先日見直すまでは、単なるガンプラの派生

モビルスーツに飽きたときにコアファイター的に稼働して、

ガオークだったかな。ガフォークだったかな。戦闘飛行機から足が出ている

スタイル。めちゃくちゃかっこよかった。バルキリーのプラモデルを作って

ひとりで空想していたのですが、ただひとつ当時残念だったのが、ストーリーが

まったく理解できなかった。ちょうど小学校3~4年で、少し周りが見え始めた

ときでしたが、映像が大人すぎて、そしてラブストーリーっぽく。

この時点で、戦うシーンが少ないし、説明が多くて、面白くないアニメという

先入観で終了していた。プラモデルで遊ぶときは、勝手にガンダムの予備知識を

交えながら、ややマクロスの絵から印象を受ける世界観から空想して遊んでいた。

そして、時は経ち、つい先日、Youtubeでたまたま、ガンダムの映画の挿入歌聞きたくなった

流れて、マクロスの動画がでてきた。

うわー完全に記憶から消去されかかっていたアニメだーでもバルキリーかっこよかっよな

見てみよ。とタッチしたところから、このアニメの壮大なストーリーとメッセージに

圧倒されていく。

大人になってから、このアニメを見て、感じる場所、心を打たれる場所がまったく

違うところにすごく驚く。もちろんバルキリーかっこいいが、ただ当時のほうが

アニメ映像に新鮮さを感じていたような気がする。これは今のアニメの映像精度と

比較してしまうから、でも当時はすごかったんだと思う。

違うように受け取っているというのは、このアニメのストーリー。

敵艦隊のマインドは遺伝子操作されていて、男と女が対立し、お互い戦争をしあう

戦いの日々。その中で、男女が仲良くしている地球人の姿に敵艦隊は違和感と興味をもち

なんだろーと悶々としているところに「ミンメイ」という歌手の歌を聞く。

そして、古代遺伝子操作される前に作られてた曲をミンメイに歌ってもらうことにより

自分たちにも、男女が愛し合える、文化、文明を思い出し、覚醒するといった流れ

覚醒するためのツールに、「ミンメイ」が歌う

愛~覚えていますか~

そういうことだったんだー。


マクロスって映画だけだったのかな~

実はテレビで連載されていたのかもよくわかっていない。でも

2時間くらいの動画を数日かけて観て、最後の戦闘シーンでミンメイがこの歌を唱んですが

サビの「覚えていーますーか」というところに来たとき

全てが繋がった感が半ばなかった。うわー。覚えているよーこの曲、

このサビだけ覚えている今思い出したよという感覚と

覚醒する感覚っていうのは、覚醒を促す側から働きかけるメッセージは

「覚えていますか」というセリフだよね。

この敵艦隊は、まだ愛しあうの前の戦いの状態。なので、今の人間の

ひとつ前の次元。いや、人間はまだ戦争もしている国もあるし
この次元にいるのかもしれない。

だが遥か昔は、これを超えた高次元のマインドで生活をしていた。
そのメッセージが時を超えて「思い出せ」と届けられる。これも必然なんでしょう。

促す側からのメッセージそれは高次元で働きかけている意識体があり

それが、覚えていますか~と言っている。

そして実は私個人に起きている最近の感覚が少しヘビーで

スピリチュアル系の本や動画をよく見ていてるせいか少しスピマインドが強くなっていて

ここからひいてしまうかもしれませんが影響されている感あるので流してね。

高次元からのメッセージは、無意識に存在する広大な意識と

物理次元の体がこれから一緒になっていきますよ~

もうひとりの私が意識体として存在していることを

「おぼえていますか~」と言われている感覚に見舞われることがある。

やばいねやばいね。今自分書いていることやばいよ。

小学校の時に聴いた「おぼえていーますかー」のサビを今日聞いたとき

おぼえているし、今またそういわれているんだね。という想いになっている。

このアニメを制作した人というより、このストーリーを構成した人は

なんだろ。誰向けに書いたんだ。当時アニメは大人はほとんど見ていなかったと思う。

当時の私の親は今の世代くらなんだろな。絶対見てない。

そう考えると、子供向け。でも絶対子供は理解できないと思う。いや子供によっては

受け取れるのか。それかアイドル好きになってくる中学高校生向けかな。それなら少しわかる。でもどこまで分かるかかも。これは、子供、学生のときに無意識に刷り込ませて

大人になった時に、あわよくばこのアニメを思い出して、未来への覚醒を促すような

存在になってほしいなということなのか。創作者は神か。そこまで思えてくる。

世界観もめちゃくちゃ現実的未来感しかも壮大な。アキラみたいなネガティブ路線では

なく、神的なメッセージが強いと思う。

アニメのなかでアイドルがいるというのも走り要素ですし、

DNA操作やワープの仕方。地球人の宇宙移民状態。などなど、もっと先の

メッセージも含まれているのではと思ってしまう。

今日書き留めたかったのは、覚えていますかのサビを聴いたとき、私にも

時空を超えた、思い出した感を感じたという事。

小学3年、4年の時に実は、このアニメに対して、妙な重みを感じていて

重すぎるのでストーリーを拒絶していた自分も納得することが今日できたし

ここで、覚えていーますーかーの意味を30年後にかみしめるように作られたこの

アニメ。もう一度言いますが作った人神かも。

もうひとつ補足で忘れないうちに書いておきますが、

このアニメで2名の女性がひとりの男性主人公に恋をする。

ひとりは先輩同僚、もうひとりは歌手のミンメイ。

同僚は主人公ヒカルへの対する個人的な愛に喜びを感じてアニメは終わる。

もうひとりのミンメイは

もう少し上で、

歌うことに対する愛、それが社会や敵艦隊まで愛を与える

同僚の個に対する愛とは少し次元の違う愛に切り替わる。

この愛を向ける対象にも次元があることを最後のほうのシーンで感じた。



メルマガ登録をお願いします。

素敵な?情報がいつもあなたに届くようになります。(itmnewsの記事が届きます。)お役に立つかどうかわかりませんが頑張りますっ。登録してみてください。


 



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする