Ubuntu 読み方

ウブントゥと読むそうです。

簡単に申しますとウブントゥとはLinuxのOSの名前です。

レットハッドやセントOSなどありますね。これらはすべて

LINUXですが、配布元(デストリビューター)の名前のことで

この中にウブントゥというディストリビューターが存在するということです。

Screenshot from 2019-01-16 12-49-48

この環境で、開発環境を構築したので覚書です。

GCC

これはコンパイラーですので、これをまずインストールしなければいけません。

apt-get install でどのパッケージをインストールしようとしても依存関係のエラーになる問題は以下を参考にする

https://www.nekochango.com/entry/linux/trouble/apt-get_install_%E6%99%82%E3%81%AE%E4%BE%9D%E5%AD%98%E9%96%A2%E4%BF%82%E3%82%A8%E3%83%A9%E3%83%BC

そして今回はラズパイで動作させるプログラムということで

ラズパイのプロセッサに対応できるように arm(組み込み用プロセッサ)

に対応させます。

次にJAVAも入れます。

JAVAのコンパイルをアンドロイドスタジオではなく、コマンドベースで

コンパイルするような設定です。

ORACLE jdk を以下からダウンロードしインストールします

https://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/index.html

jdk 11になりました

次にgradleのインストール

ちなにみこのブログは今、ウブントゥ(書き慣れないし、よみづらい。。)で

書いています。LINUXでブログ書いたの初めてです。うける。

そろったところで、

さあビルドできるのかな〜

SU

./build.sh

shファイルは実行権限が与えてあることが条件です。

動いたような気がする。

実行ファイルの更新日が今に書き換えられているので。。

さっぱりわからない。このふわふわ感。伝わった?



メルマガ登録をお願いします。

素敵な?情報がいつもあなたに届くようになります。(itmnewsの記事が届きます。)お役に立つかどうかわかりませんが頑張りますっ。登録してみてください。


 



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする