2019年はこのような年になった

来年は2019年ですが、もうこの時点で2019年12月31に自分はいると想定して、2019年はこのような年になったという意識を先に向けておきます。

2019年を振り返る。

1.コナビの進展
年の前半に展示会があり
それに向けて販路、ビジネスモデルを具体化し、利用者を増やし続けて
年末まで辿りつくことができた。
1月にリストを固めて、そのリストに対して積極的に声掛けを行い
とにかく、足を使った1年だった。あとは、構わず使ってもらう姿勢を
貫いた。使ってもらわないと始まらない。コアサーバーのグレードを上げた。
進〇ゼ〇の全てで使ってもらったのはよかった。

2.受注案件
2018年より続いている案件を大事にこなすことができている。
問題点は、早めに共有することで、方向転換や見直しを計ることができた。
また、パートナー連携のモデルが確立され、
利益を確保しながらも、パートナー連携がスムーズにできるようになった。

3.スピリテック
自分の中の今に意識を向けることを更に強化することにより
よりハイヤーセルフからの叡智を受けやすくなった。
宇宙意識との対話をよりスムーズに行うことができた。

4.多摩かるた
絵札を作ることができた。印刷から商品化へこぎつけた。

6.鯉のぼり
定着から求められる事業へ。ようやく皆から理解される事業になった。
多摩川流域で本格的に動き出した。

7.作曲
スタジオワンを利用して新曲ができた。

8.家族でバンドを始めることができた。これは楽しかった。

9.語学
英語をある程度普通に使えるようになってきた。

10.コミュ
本当に自分と波長の合う人に囲まれるようになり
幸せ度がアップしまくった1年だった。

総括、2019年は、2015年の総崩れ底からの流れをへて、また登っていた
タイミングで、前回はここで、ひとつひびが入り崩れていったが、今回は
そのひびができる前になんとなく気付いてそれを修復して次のステージへ
向かうことができた1年だったが、まだまだ油断はできず慎重に
自分の声を信じて、ひとつひとつ、ゆっくりと人からみたらめちゃ
スローペースに歩んでいった結果大きな結果を成し遂げることができたと
思う。それは既に2018年から始まっていて、崩れかけたりした流を
おさえたりとそれは、前回つまずいた小石が、2周目なので少し
周りを見ながら走れている感覚。
慎重に信頼を取り戻したり積みかさねたりして、過去出会った人には全て感謝する
ことに意識することができた。そして
今に意識をフォーカスして行動した結果、1~10の全ての結果を手に入れることが
できました。

ここで資金の枯渇から若干解放されると(数か月の余剰でもう解放とか思ってしまう)
お金の計算のざっくりの増大が止まらなくなるのが、私の悪い癖と思っている。
このあたり、前回の小石のひとつと見ている。今回は、そのあたり慎重に
見定めた結果、無事過ごすことができた。



メルマガ登録をお願いします。

素敵な?情報がいつもあなたに届くようになります。(itmnewsの記事が届きます。)お役に立つかどうかわかりませんが頑張りますっ。登録してみてください。


 



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする