2018年当初の予測の答え合わせ

今年も年初めにぶちあげた予測がどのくらい精度の高いものだったか結果から

答え合わせしてみましょう。

>今年の予測としましては、

>世界情勢は、昨年と変わらず、米国が各国を翻弄させる図式は続きます。

>北だけでなく中東、米国内も。穏やかに解決できないものでしょうか。

→米国のトランプ氏の発言。しかもしそれがツイッターのツイートの発言

が影響しているというのも面白いですね。ツイート政治という言葉を作ってもいいくらいです。トランプ氏によるツイートが世界を翻弄させている図式も見えましたね。

そして、

米中の貿易摩擦というまた貿易摩擦という言葉を日米で使っていた時と

同じことをアメリカがしていて、ただ中国も応戦している拮抗ぶりも

見ものになっていきているのが2018年後半からでしたね。

>まだ来年で先ですが、新天皇即位による、皇室周りの伝統や歴史に注目が集まります。

>日本と皇室について、考えさせられる1年になるかと思います。

>その中で、全世界における日本の皇室のポジションに高さに、改めて学び、

>日本を見直すタイミングとなるのではないでしょうか。

→すみません。まだ早すぎましたね。これ来年です。

ただ、私の感覚的には、もう少し上記の事象が日本列島を覆う形で起こるかな

と思っていたのですが、情報の分散のせいか、今ひとつでした。

来年やオリンピックイヤーは、ならざるを得なくなるので、注目です。

>テクノロジーは既にエクスポネンシャル(爆発的な技術過信)の急激な

>右肩上がりに入っているので

>ここで予測しても、1年後どころか1か月後に新たな概念がベースになることも

>あり、正直いままで予測してきた発想とはあきらかに変わりつつあります

→急こう配になったとき、あえて追わなくても、自分の領域を確保したほうが

いいや的な発想に切り替わっている人は多くなったと思います。

価値観の変化がやや生まれた感もします。

>直近で言えば、ホームスピーカが、google、LINE、amazonと日本は3つどもえになり

>その中にLINEという国内企業が対抗しているのも面白い図式ですね。

>今は音楽やラジオ替りですが、入力インターフェイスの替りになりどこまで

>日常や業務に落とし込めるかがキーとなるのではないでしょうか。

→ googleは応用を聞かせて、返答してくれますね。

アクセラは、敏感に反応しますが、うまく伝わらないですね。

ラインは試していないです。

個人的には、google homeの対応がよいです。

>インターフェイスでいいますと、最終形態の脳インターフェイス
>(考えていることがそのまま

>入力信号となり、出力されるテレパシー情報)も既に米国ベンチャーでは、研究が

>始まっているようです。このネタを書くのはもっと何年も先という感覚で

>去年までいたのですが、もう脳インターフェイスのネタを書いているということは

>まさに技術革新が急激に伸びている証拠かと思います。

インターフェイスの飛躍は表面上には大きくでてきておりませんが

スマホ利用者の急増で、インターフェイスを設計するときに、スマホを主体に

する話が目立ってきた印象も受けました。

ただ、やはり業務で利用するシステムはPC主体ですね。

一昨年の予測で書いていたのですが、スピリチュアルというかオカルト系の話や

UFOの出現みたいなネタが表面化されていくみたいな話をしましたが

今年になっていよいよ出てきたな。という感触を受けたのも2018年でした。

こちらも1年間飛び越しての予想でした。

2019年は、本来の日本の伝統文化とスピリチュアルからややオカルト要素も

複雑に絡んでくることは事実です。懲りずに頑張ります。



メルマガ登録をお願いします。

素敵な?情報がいつもあなたに届くようになります。(itmnewsの記事が届きます。)お役に立つかどうかわかりませんが頑張りますっ。登録してみてください。


 



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする