企業理念とこれからの10年(2017年8月投稿)

明るい未来の創造主となる。永続的に必要とされる創造物を生み出すことにより、それに関わる人々が永続的に豊かな生活を送れることを目指す。創造物で人々を喜ばす事を目指す。

みんなが安心で、幸せになるサービスを生み出し世の中に浸透させることが、最終目的。

明るい未来へ導くシステム開発の心がけ。それは単純に時間効率だけを考えたオートメーション化だけではなく、そこに心を軽くする(プラスにする)想いや新しい雇用の確保。人を搾取するような、今のIT企業の考え方とは大きく異なる新たな創造物を作ることが私たちにはできます。なぜなら、この想いで10年間事業を行ってきて立証済みであるからです。同じ仲間にもこの想いは共有していきます。この考えに至るまで大きい企業になればなるほど浸透に時間がかかる分、弊社には大きなリーチがあります。弊社は、既に今後10年の企業の在り方にいち早く気付いて実行し始めている企業です。

2006年に今の働きかた改革でメインとなるテレワークの存在にいち早く気付き実行をしてきました。この時はまだ法人ではなく個人事業主でしたが。10年たった今ようやく、国を挙げての試みになってきました。既に国は10年ちかく前からテレワークというキーワードを現野党は所信に入れて、同じことを言い続けてはいますが、ここ数年色々な社会現象の影響を受け表に出てきています。
ということは、まだ潜伏していますが、10年後、表にでてくることを弊社はこれからやろうとしているのです。
それは、「非効率でも有」という考え方。少し極端ですが、あまりこのタイミングでは伝えたくなかったのですが、伝えておきます。

今、youtubeやブログで、懸命にスマートな仕事の仕方や、インフルエンサーと称し大胆なアイデアをアップしている個人、企業は少し、やりづらくなってくるか方向転換を余儀なくされます。

奇抜なアイデアやコメントが人の心を軽くするもの(プラスにするもの)であれば、OKです。この判断基準を持てる人と持てない人が分かれれてくるということです。「えっ?この人すごいこといっている。でもこれって何がどうなの?」と判断できるかできないかです。情報を収集の先にある情報咀嚼力の更に先にある情報吸収力です。何を吸収するかです。



メルマガ登録をお願いします。

素敵な?情報がいつもあなたに届くようになります。(itmnewsの記事が届きます。)お役に立つかどうかわかりませんが頑張りますっ。登録してみてください。


 



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする