時間をかけてもそれじゃあ

やはり体育会系発想がはびこっていた。

時間をかけて根性で改善。スポーツなら改善できるかもしれないが、

今自分がやっている仕事に普通にあてはめて考えていた。

いやいやこの発想は、新聞配達して学校に通っていたときから変わらないというか

信じてきていた。時間と根性でカバーする。確かにカバーできることもなくはないが

どうやら、この発想は体育会系のノリが主体になっている。

違うのかもしれない。仕事の成功は、いかに楽に成果を上げられるか。楽なルートを

見つける。それを見つけることに根性みせて努力するということだろうか。

パワーをかけるところが違う。



メルマガ登録をお願いします。

素敵な?情報がいつもあなたに届くようになります。(itmnewsの記事が届きます。)お役に立つかどうかわかりませんが頑張りますっ。登録してみてください。


 



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする