ITは現場で覚えろ

IT技術にかかわる本は、本屋に行けばあります。

そしてそれを読めば、間違いなくレベルアップするでしょう。

ただし、それは、実践しないとまったく意味のないものになってしまいます。

水泳も本だけ読んで水に浸からなければ泳いだ実績はつかない。

IT技術も現場で例外的な事象にぶつかりながら、自信をつけてゆく。

意外と本を読むのは、現場に入る前の気持ちの安心感としての保険。

現場に入って、うわー何でしょうか。。これは。という例外的な事象に出くわした結果

ネットや本で自ら解決して進んでゆく数が多ければ多いほど、

自分の自信になってゆく。

いくら学んでもなんだか自信が持てないんですよ。という方多くいらっしゃいますね。

自分て果たして技術とかあるのかな。という方。

もちろん私もそうでした。ただやはり場数で段々そんな事がなくなってきました。

むしろ、想定外を好んできたのが、岐路だったかもしれません。

「想定外だね。学べるチャンスですよ!」ということ。

あと、シビアな環境で、システムを組んで動いたところで、マシンが壊れて

OSから再インストールして、同じところまで持っていた経験を数回したときに

漠然と、行けるかもと思ったことも数回あり、それが今日に活かされ。

私個人的は、弱気なキャラなのですが、IT周りの発言には、声が通るというのは

過去の場数がそのようにさせているのかもしれません。



メルマガ登録をお願いします。

素敵な?情報がいつもあなたに届くようになります。(itmnewsの記事が届きます。)お役に立つかどうかわかりませんが頑張りますっ。登録してみてください。


 



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする