OSとは

Operating Sytemの略
キーボード入力や画面出力といった入出力機能やディスクやメモリの管理など、
多くのアプリケーションソフトから共通して利用される基本的な機能を提供し、
コンピュータシステム全体を管理するソフトウェア。
「基本ソフトウェア」とも呼ばれる。
ソフトウェアの開発者は、OSの提供する機能を利用することによって、
開発の手間を省くことができ、アプリケーションの操作性を統一することができる。
また、ハードウェアの仕様の違いはOSが吸収してくれるため、あるOS向けに開発された
ソフトウェアは、基本的にはそのOSが動作するどんなコンピュータでも利用できる。
企業や家庭の一般ユーザが利用するOSとして最もポピュラーなのはMicrosoft社の
Windowsシリーズであり、この市場で大部分のシェアを占める。
DTP業界やマルチメディア業界では、Apple社のMac OSが広く利用されている
企業のサーバや学術機関では各社のUNIX系OSや、無償配布されているLinuxやFreeBSD
などのUNIX系のOSが使われることが多い。

WS000017

2.ポイント解説
①オペレーティングシステム(OS)とは、コンピュータを動作させるために必要な基本ソフトウェア。
  ・ユーザーがコンピュータと対話しながら操作する為の環境(ユーザーインターフェイス)
   を整える役割
  ・コンピュータ本体や周辺機器などのハードウェアを制御する役割

②OSは、パソコンの電源を入れたときに自動的に起動して、電源を切るまでの間ずっと働き続る。

③API(Application Programming Interface):OSに用意されている機能を、
  アプリケーションソフトから呼び出すための仕様
3.分類
①Windowsa.Windows95~XP
b.WindowsNT~2003
②UNIXa.Linux
b.FreeBsd
c.Solaris
d.AIX
③MAC OSa.Mac OS



メルマガ登録をお願いします。

素敵な?情報がいつもあなたに届くようになります。(itmnewsの記事が届きます。)お役に立つかどうかわかりませんが頑張りますっ。登録してみてください。


 



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする